チャイルドシートの着用は道路交通法によって義務付けられています

小さな子供を車に乗車させる時は、安全のためにチャイルドシートを着用しなければいけません。交通事故や急ブレーキなどの時には大きな力や衝撃があり、頭や体などにケガなどをしてしまう場合があるからです。平成124月から道路交通法によって、チャイルドシートの着用が義務付けられています。6歳未満の子供がチャイルドシートを着用しないで自動車を運転した場合、運転者は法律違反になるので罰せられます。チャイルドシートを着用していないと、交通違反になり1点の違反点数が付きます。子供が6歳以上になればチャイルドシートの着用義務はなくなりますが、身長が140㎝以上になるまでは安全のために着用していた方が良いでしょう。チャイルドシートの設計も、140㎝以上の子供の身長を対象にしています。必ず着用しなければいけないのではなく、次のような場合は着用が免除されます。車にチャイルドシートを固定できない時、病気やケガなどをしている人を運ぶ時に邪魔になる時、子供の体の特徴により座れない時、授乳やおむつを交換する時、バスやタクシーなどに乗車する時などでは、道路交通法によって着用する事が免除されます。生まれたばかりの新生児でも着用する義務はあるので、車に乗車する時は注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です