チャイルドシートのブランド別の特徴について

チャイルドシート

チャイルドシートは、様々なブランドから販売されています。それぞれのブランドには独自の特徴があります。

自動車に使用されるシートの代表的なブランドとして知られているレカロのチャイルドシートは、さすがに高級感は抜群です。それに、子供の成長に合わせて細かくシートの大きさを調整できるアジャスター機能が充実しています。また、耐久性も十分に備わっています。ですからヘビーユースにも耐えうる構造となっているのです。外見だけでなく、機能面も充実しているのがレカロシートの特徴と言えるでしょう。

次に、アップリカのチャイルドシートです。アップリカは広く知られている馴染みのあるブランドで、使い易さに定評があります。長時間子供を乗せていても疲れることがありません。それに、デザイン性も優れている点がポイントが高いと言えるでしょう。

コンビのチャイルドシートも有名です。デザインはシンプルなものが多いですが、シンプルゆえに長い間使用していても飽きることがありません。それに、耐久性があり、シートが汚れても簡単に洗濯をすることが出来ます。このような便利な機能がある点がコンビのチャイルドシートの特徴と言えるでしょう。

その他にも、多くのブランドのチャイルドシートが販売されています。それぞれの特徴がありますので、自分の使い方によってチョイスするのが良いでしょう。

また、ベビーカーについては下記サイトに情報がまとまっています。

ベビーカーの選び方

参考にしてみてください。

チャイルドシートレンタルで借りる場合

チャイルドシート2

子供が生まれたとき、自動車に載せるならば、チャイルドシートを着用させる義務があります。ただし、チャイルドシートは1人の子供であれば10年も利用する事はありません。その割には金額が高く、新生児が使えるもので考えると平均で5万円ぐらいはします。子供が何人か生まれれば使い回しをすることができますが、そうでなければ、わざわざ高いお金を出して購入するのももったいないと考える人もいるでしょう。特に、あまり自動車に乗らない人にとってはわざわざ購入するのも無駄になってしまう可能性があります。この場合はレンタルのチャイルドシートを利用する方法もあります。

チャイルドシートのレンタルで気になるのは、その料金です。どれくらいの料金になるかを知っておくことで、レンタルしたほうがお得なのかそうでないのかがわかりやすいでしょう。

一般的に、12日で借りる場合はおよそ1,000円位になります。1週間のレンタルでおよそ5,000円ほどになると考えておくべきです。

このように考えると、2ヶ月から3ヶ月以内の使用であればレンタルの方が安く済むでしょう。逆に、3ヶ月からそれ以上利用する場合は、レンタルよりも購入したほうがお得になる計算です。

チャイルドシートの着用は道路交通法によって義務付けられています

チャイルドシート3

小さな子供を車に乗車させる時は、安全のためにチャイルドシートを着用しなければいけません。交通事故や急ブレーキなどの時には大きな力や衝撃があり、頭や体などにケガなどをしてしまう場合があるからです。平成124月から道路交通法によって、チャイルドシートの着用が義務付けられています。6歳未満の子供がチャイルドシートを着用しないで自動車を運転した場合、運転者は法律違反になるので罰せられます。チャイルドシートを着用していないと、交通違反になり1点の違反点数が付きます。子供が6歳以上になればチャイルドシートの着用義務はなくなりますが、身長が140㎝以上になるまでは安全のために着用していた方が良いでしょう。チャイルドシートの設計も、140㎝以上の子供の身長を対象にしています。必ず着用しなければいけないのではなく、次のような場合は着用が免除されます。車にチャイルドシートを固定できない時、病気やケガなどをしている人を運ぶ時に邪魔になる時、子供の体の特徴により座れない時、授乳やおむつを交換する時、バスやタクシーなどに乗車する時などでは、道路交通法によって着用する事が免除されます。生まれたばかりの新生児でも着用する義務はあるので、車に乗車する時は注意しましょう。

新生児にお勧めのチャイルドシートを購入したい

チャイルドシート

赤ちゃんや小さいお子様のおられるご家庭では、自動車にチャイルドシートを設置するのが義務付けられています。

新生児は体が小さく、とてもデリケートなので、首や頭部をしっかりと安定させて、保護できる商品がお勧めです。

数多くの商品が販売されていますが、ベルトを装着しやすく、操作が簡単な商品は、女性に高い人気があります。

自動車の揺れや衝撃から、新生児の体を守る必要があるので、お値段が高めでも、安全性に優れており、機能性や実用性に優れた商品を選ぶことが大事です。

赤ちゃんは体の成長が速いので、幼児期まで使用できる商品を選んでおくと、長く使用できます。

専門店に足を運ぶと、豊富なデザインのチャイルドシートが販売されているので、小さな体をしっかりと固定できる商品を選ぶことが大事です。

口コミで評価の高いお店のチャイルドシートは、安全性の高い素材で作られており、デリケートな体の新生児も安心して使用できます。

赤ちゃんが少し大きくなってくると、自動車で外出をする機会が増えるので、じっくりと時間を掛けて選んで下さい。

チャイルドシートを購入する人が多いですが、現代はレンタルのお店を利用する人も増えています。

大切な赤ちゃんの命を守る商品なので、お値段が高めでも、安全性の高い商品がお勧めです。

チャイルドシートはいつまで着用するべきか

チャイルドシート

子供が生まれ、車に乗せる時はチャイルドシートを着用させなければなりません。ただ、チャイルドシートは重たく、小さな車だと2つ以上載せることができません。仮に2つ乗せたとしても、かなり窮屈になるでしょう。もしできるのならばチャイルドシートを外した方が何かと便利です。

そこで、そもそもチャイルドシートはいつまで着用するべきなのかが問題になります。基本的に、5歳までは着用する必要があります。6歳の誕生日を迎えてからは取り付ける必要はありません。小学校に通うようになってからはチャイルドシートが必要ないことになります。たいていは幼稚園の年長位になれば取り外すことができます。逆に、6歳以上はチャイルドシートを着用してはいけないといった決まりはありません。6歳から7歳になってもシートに乗るのは問題ありません。もともと自動車のシートは身長140センチ以上の人間を想定して作られています。この裏を返せば、身長140センチに満たない子供は、普通をシートに乗るよりもチャイルドシートを利用した方が安全であることがわかるでしょう。

140センチの身長は、個人差がありますが、おおよそ小学校4年生から5年生位の身長になります。